店と工房

1952年生まれ  大阪市出身

高校生時代に彫金工房でアルバイトをした事がきっかけで、
もの作りの世界に引き込まれて行く。

府立茨木高校卒業後、自己流で彫金・革製品の製作に明け暮れる。

1972年   アトリエを設立
「つかしん」手づくり館に直営店を出店するが数年で撤退。
東急ハンズ江坂店で革クラフトのインストラクターを経る。

2000年
店・作業場が一体化した、長年理想のアトリエを開く。


「技術は努力」「感性は遊び」
ライフスタイルのすべてが仕事。
自分流でやってきたから、遠回り。
遠回りだから、沢山構築した。
一つの失敗は、4通りも5通りものアイデアを生む。
教えてもらうと応用が利かない。 実践でおぼえる事が職人のすべて。
職人は5年・10年ではまだまだ、
私は60歳まで下積みだと思っている。


音楽鑑賞・ギター演奏・料理・飲食・畑・大工・自転車・愛犬



イラストはすべて鎌谷卓史画伯

このページの上部へ ↑